ジェネラル

Dellは、Wasabiのクラウドストレージをどのように取り入れているか?

2023 June 11By Robert Callaghan

すべての企業がクラウドに向かっている、そう断言しても過言ではないでしょう

Dell Technologiesのお客様も例外ではありませんでした。データセンターのスペースを縮小してコストを削減し、運用負荷を軽減し、5年毎に発生する機材のリプレイスサイクルから逃れたいと考えるのは自然なことだと思います。データ保護に関する課題を解決すると同時に、ストレージコストを抑えて容易に拡張できることを考えると、クラウドはデータのバックアップやアーカイブに理想的です。オンプレミスのストレージとは異なり、クラウドストレージには容量の制限がありません。必要なときに必要なだけ使え、使った分だけ支払うことができます。さらに、インターネットに接続できる場所であれば世界中で利用できるうえ、ランサムウェアの攻撃に対抗するためのデータ保護のレベルを上げることができます。最後に重要なのは、適切なプロバイダーを選んでデータに保存することです。確実にコストを削減するためには、これも非常に重要です。


Dellでの経験

私はDell Technologiesに4年以上在籍し、主にデータ保護とアーカイブに注力してきました。顧客やパートナーのアドバイザリープログラムを運営していたため、データ保護ソリューションや方向性について直接フィードバックを得ることができました。お客様がどのような課題に直面し、どのような方向性を求めているのかについて、理解することができたのです。その方向性とはクラウドの利用であり、課題はまさに、ハイパースケーラーのクラウドサービスに典型的な、予測不能なコストでした。


Dell Technologies World 2023

私は、DellがDDVE(Data Domain Virtual Edition)やCloud Tierソリューションなど、多くのソリューションでクラウドを採用するようになっているのを見てきました。Dell Cloud Tierは、データ保護、アーカイブ、サイバーレジリエンスなどのユースケースにおいて、お客様がデータのコピーをS3互換のオブジェクトストレージに簡単に移動できるようにします。Dellは、「Cloud Tierは、全体的なTCOを削減しながらクラウドの利点を得ることを可能にします。ベストオブブリードのテクノロジーを利用することができるのです。」と述べています。Cloud Tierでは、データはパブリック、プライベート、またはハイブリッドクラウドにネイティブに階層化され、長期保存が可能です。S3互換のHot Cloud Storageのプレミアプロバイダーとして、Wasabi TechnologiesもDell Technologies Worldに参加しました!クラウドオブジェクトストレージのコストを80%節約する方法について、ぜひWasabiの営業宛てにご連絡ください。

ジェネラルエンタメ業界の動画管理に活用されるクラウドストレージ。そのメリットとは?

インフラ運用は面倒くさい!