ジェネラル

サイバーセキュリティとは?ビジネスにおける重要性・課題と基本的な対策について解説

2023 October 18By Chizuru Tominaga

近年、デジタルテクノロジーの進化に伴い、私たちの生活は大きく変わってきました。一方で、新たな脅威も増加しており、サイバーセキュリティの重要性が高まっています。この記事では、サイバーセキュリティの基本、その重要性、現在の課題、そして具体的な対策方法について解説します。

サイバーセキュリティとは?

デジタルの世界にはどのようなリスクがあるのでしょうか。ここでは、サイバーセキュリティの基本的な概念を紹介します。

サイバーセキュリティの定義

サイバーセキュリティとは、コンピューターやネットワーク、データなどの情報資産をサイバー攻撃から保護することです。あらゆる情報がデータ化されている現代、コンピューターやネットワークを不正に利用してビジネスや個人の情報を窃取・改ざんしたり、システムの破壊などを行ったりする行為は珍しくありません。

そのような悪意のある行為を防ぎ、情報やシステムそのものを防御するのがサイバーセキュリティです。


サイバーセキュリティの重要性

令和5年版 情報通信白書」によると、2021年度に日本国内で発生したセキュリティインシデント(セキュリティ上の脅威となる事象)により発生した経済的損失は、1組織あたり平均約3億2,850万円にのぼるとされています。また意図的な攻撃により、企業が保有する個人情報が外部に漏えいするケースも後を絶ちません。サイバーセキュリティは企業にとっても、企業のサービスを利用する個人にとっても重要性が増しています。

企業活動への影響

サイバー攻撃が企業に及ぼす影響は計り知れません。たとえば2017年に発生したWannaCryランサムウェア攻撃は、150か国の23万台以上のコンピュータに感染するなどして世界中の企業に大打撃を与え、ビジネスの中断や巨額の損失が報告されました。

こうした事例では事態を収拾するために企業が多額のコストを支払うケースが少なくありません。さらに企業の信頼やブランドイメージが毀損してビジネスチャンスが失われるなど、将来に向けて長期的なダメージを与えることもあります。

個人のプライバシーへの影響

もちろん、サイバーセキュリティは個人にとっても重要です。SNSの普及やスマートデバイスの増加に伴い、個人のデータは身の回りにある多くのデバイスやオンラインサービスに保存されています。その中にはショッピング履歴や決済に使用したカード情報から、スマートウォッチが収集する個人の健康情報まで含まれることでしょう。

仮に経済的なダメージが直接発生しないとしても、プライバシー情報が外部に漏れることにより精神的なストレスを受ける可能性があります。

現在のサイバーセキュリティの課題

サイバーセキュリティの取り組みには多岐にわたる課題が存在します。技術の進化は新しい機会をもたらす一方で、新たな脅威の増加を招いてきました。加えて、サイバーセキュリティを担う人材の不足など、人的要因も無視できない大きな課題です。

技術の進化と新しい脅威

IoTデバイスの普及は、家庭内の電化製品から工業用機械まで、あらゆるものがインターネットに接続される時代を迎えています。当然ながら、こうした新技術もサイバー攻撃の対象となりえます。

たとえば2016年には、マルウェアの一種であるMiraiボットネットによって当時「史上最大」といわれたDDoS攻撃(複数の機器からサーバーやネットワークにアクセスし、負荷をかける攻撃)が行われました。これはIoTデバイスが悪用された典型的な事例です。

またAI技術の進化に伴い、AIを利用したサイバー攻撃の試みも増えてきています。これらの攻撃は従来のセキュリティ手法では検知困難となる可能性があると予想されており、防御する側にも最先端の技術開発が必要とされています。

人材不足と教育の不足

一方で、セキュリティインシデントの多くが人的要因に起因しているという指摘もあります。たとえば従業員がフィッシングメールに誤って応答し、機密情報を外部に漏えいさせるケースなどがこれにあたります。

またセキュリティに対する教育や訓練の不足から、基本的なセキュリティ対策を怠る従業員も少なくありません。たとえ企業が先進的なセキュリティシステムを導入していても、それを使いこなせる人材の育成を進めない限り、サイバーセキュリティのリスクは大きいままといえるでしょう。


効果的なサイバーセキュリティ対策

サイバー攻撃の被害を最小限に抑えるためには、組織全体でのサイバーセキュリティ対策が必要です。ここでは最もベーシックな対策について紹介していきます。

技術的対策

ファイアウォールの導入

外部からの不正なアクセスを遮断し、内部ネットワークを守るにはファイアウォールの導入が有効です。

アンチウィルスソフトウェアの使用

マルウェアやウィルスからシステムを守るためには、常に最新のアンチウィルスソフトウェアを使用し、定期的にスキャンを行うことが重要です。

ソフトウェアの定期的なアップデート

攻撃者は既知のセキュリティホールを利用して侵入を試みるため、ソフトウェアやOSのアップデートは欠かせません。

人的対策

定期的なセキュリティ教育

フィッシング詐欺や悪意のあるリンクを見極める能力を高めるため、定期的なセキュリティ教育の実施が必要です。

強力なパスワードの使用

短く、簡単なパスワードは解読のリスクが高いとされています。パスワードを設定する場合は、推測されにくいパスワードの使用が推奨されています。

生体認証などの導入

近年ではパスワードに代えて、二段階認証や生体認証などの認証手段が主流になりつつあります。一人ひとりがこうした技術に対応することも大切です。

組織的対策

セキュリティポリシーの策定

企業はすべての従業員が従う必要のあるセキュリティポリシーを明文化する必要があります。策定したセキュリティポリシーの周知も大切です。

インシデント対応計画の整備

万一のサイバー攻撃を受けた際、被害を最小限に抑えるために迅速にインシデント対応計画を前もって策定しておくことも重要です。

定期的なセキュリティ監査

外部の専門家による定期的なセキュリティ監査を実施し、脆弱性のチェックや対策の見直しを行うことも重要な対策といえます。


まとめ

サイバーセキュリティには技術的な対策だけでなく、人的、組織的な取り組みも含まれます。リスクを最小限にするためには、デジタル時代の変化に柔軟に対応し、常に最新の情報や技術を取り入れることが欠かせません。

ジェネラルエンタメ業界の動画管理に活用されるクラウドストレージ。そのメリットとは?

インフラ運用は面倒くさい!