ジェネラル

Microsoft365にバックアップは必要?クラウドストレージ乗り換えのポイントとは

2023 September 27By Chizuru Tominaga

多くの企業は「Microsoft365」を利用しています。日々膨大な量のドキュメントやメールデータを作成している企業も少なくありません。この記事では、企業が安全にデータを活用するうえで重要となるMicrosoft365のバックアップについて説明します。

Microsoft365とは?

現代のビジネスにおいて、ほぼ必須ともいえるアプリケーションのひとつがばWordやExcelといったオフィスソフトです。これらは単体での購入も可能ですが、一般にはMicrosoft社のクラウドサービス「Microsoft365」の一部として利用されています。 Microsoft365に含まれるのはオフィスソフトだけではありません。ストレージサービスのOneDrive、さらにはSharePoint(Microsoft 365 Business StandardおよびMicrosoft 365 Business Premium)などを利用して、ファイルの保管やチームでの共有も可能です。

Microsoft365に含まれる機能

Microsoft 365 Business Standardには次の機能が含まれます。

アプリ/サービス 機能 Word 文書作成 Excel スプレッドシート作成 PowerPoint プレゼンテーション作成 Publisher DTP Access データベース作成 Outlook メール管理、スケジュール管理など Exchange 法人向けのメール管理、スケジュール管理など Microsoft Teams ビデオ会議、ミーティング、通話など OneDrive クラウドストレージ SharePoint ファイル共有など


またMicrosoft 365 Business Standardよりも上位のプランであるMicrosoft 365 Business Premiumには上記に加え、組織内のユーザーやデバイスを管理するIntune、機密データなどの保護機能を提供するAzure Information Protectionが含まれます。

Microsoft365にバックアップは必要?

日々の業務で発生する各種データを安全に管理・活用するには、バックアップが必要です。当然ながら、WordやExcelなどで作成するドキュメントもその対象です。ではOneDriveやSharePointは、これらのバックアップ先として十分でしょうか?

結論からいうと、Microsoft365のバックアップには外部のクラウドストレージサービスが必要です。そもそもOneDriveやSharePointは1ユーザーあたりの容量が1TBで(プランによる)、特にSharePointの場合はアップロードできるファイル数やファイルサイズ、亜ファイルの種類などに制限があります。

加えてMicrosoft側では利用者のデータ保護を保証していません。同社のサービス規約でも「すべてのオンライン サービスには中断および停止が時折発生します。マイクロソフトは、結果としてお客様に生じることがある中断または損失について一切責任を負いません。」「本サービスに保存しているお客様のコンテンツおよび本データは、定期的にバックアップするか、第三者のアプリおよびサービスを使用して保存することをお勧めします。」と明記されています(サービス規約6-b)。

どのクラウドストレージに乗り換えるべき?

Microsoft365のデータを安全・確実にバックアップするには、外部クラウドストレージの利用がほぼ必須といえます。では、乗り換え先のクラウドストレージはどのように選べばよいのでしょうか?

ストレージ容量

業務で発生(使用)するデータの量は、ビジネスの規模によって異なります。クラウドストレージのサービスやプランを選ぶ際は、現在や近い将来に発生するデータ量を確実に格納できる、十分な容量が必要です。

コスト

クラウドストレージの利用にかかるコスト、特に下り転送(ダウンロード)やAPIリクエストごとの費用も重要です。契約するサービスやプランによってはこれらのコストが発生します。特にMicrosoft365のデータが膨大な量に上る場合は注意が必要でしょう。

セキュリティ

バックアップ先となるクラウドストレージには、Microsoft365と同等以上のセキュリティが求められます。たとえばデータの暗号化や、複数のデータセンターを運用していること、ランサムウェアに対する防御やデータの整合性をチェックする機能などがあると良いでしょう。

Microsoft365の包括的な保護

Microsoft365には多くの機能が含まれます。バックアップをするからには、これらの機能やデータを包括的に保護できることが必要です。外部のクラウドストレージを選ぶ際は、こうしたバックアップ機能を備えているか、もしくはMicrosoft365専用のバックアップソフトと親和性が高いものを選ぶべきでしょう。

Microsoft365のバックアップはWasabiがおすすめ

上記の要件を満たすクラウドストレージとしておすすめなのがWasabiです。

Wasabiなら1TB単位で企業に必要なぶんだけ容量を確保できますし、下り転送料とAPI リクエストも無償です。強固なセキュリティが確保されており、データの機密性・完全性・可用性が保証されています。Microsoft365向けのバックアップソフトとして高いシェアを誇るト「Veeam Backup for Microsoft 365」との親和性も十分です。

実際の活用例については『フィガロ技研がMicrosoft 365の バックアップをWasabi+Veeamで実現 大幅なコスト削減と運用効率化に』をご覧ください。

まとめ

Microsoft365のビジネス利用には、外部クラウドストレージを利用したバックアップが必要です。機能とコストのバランスに優れ、バックアップソフトとの親和性も高いWasabiを活用して、ビジネスを安全に進めてください。

ジェネラルエンタメ業界の動画管理に活用されるクラウドストレージ。そのメリットとは?

インフラ運用は面倒くさい!