ジェネラル

クラウドストレージにかかるAPIコストとは?コストを最小限に抑えるためのポイントを解説

2023 July 26By Chizuru Tominaga

クラウドストレージのビジネス利用が増える一方、それに伴うAPIコストの上昇が重要な課題となっています。この記事では、クラウドストレージにかかるAPIコストと、それを最適化する方法について解説していきます。


APIコストとは?

API(Application Programming Interface)は、ソフトウェア間で情報を共有するための橋渡し役として機能するものです。APIを利用することで、開発者は異なるソフトウェアやサービスを効率的に統合できます。しかし、APIの利用にはコストが伴います。これはAPIコストと呼ばれ、主にデータ転送、リクエスト数、ストレージ容量などに関連して発生します。

APIコストの増加は、ビジネスの運用コストに直接反映されます。逆にAPIコストを効果的に管理し最適化すれば、ビジネスの利益を最大化することも可能です。ビジネスにおけるクラウド活用が一般的になりつつある今、クラウドストレージとAPIコストの関係を理解することは必須といえるでしょう。


クラウドストレージで発生するAPIコスト

クラウドストレージの活用では、一般に以下のようなAPIコストが発生します。

データ転送に関するAPIコスト

クラウドストレージでは、データをサーバー間で転送するたびにコストが発生します。このコストは転送されるデータ量に比例して増加するものです。データ転送はクラウドサービスの中でも特に高額なコストを占めるため、ビジネスにも大きな影響を及ぼす可能性があります。 データ転送コストの削減策としては、データ転送の最適化(たとえば、圧縮やキャッシュの利用)、不必要なデータ転送の削減、転送コストが低いリージョンや時間帯で転送を行うことなどが挙げられるでしょう。

ストレージ容量とAPIリクエスト数によるコスト

クラウドストレージのAPIコストは、ストレージの容量とAPIリクエスト数に大きく依存します。保存するデータの量が多いほど、また頻繁にデータを取得・更新するほど、コストは高くなります。 こうしたケースにおけるコスト削減のポイントとしては、必要なデータだけを保存し、不要なデータを定期的に削除すること、データのアクセス頻度に応じて適切なストレージクラスを選択することなどがあります。

セキュリティ要件によるAPIコスト

データのセキュリティを確保するためには、データの暗号化、アクセス制御、ログの監視などのセキュリティ対策が必要ですが、これらの対策にもAPIコストが発生します。 セキュリティ対策におけるコストとセキュリティレベルのバランスを取り、最適化することは非常に重要です。コストを抑えつつ、適切なセキュリティレベルを維持するためには、リスク評価を行い、必要なセキュリティ対策を効果的に適用する必要があります。

コンプライアンス要件とAPIコスト

特定の業界や地域によっては法的なコンプライアンス要件が存在し、それを遵守するための対策として追加のAPIコストが発生する場合があります。たとえばEUのGDPR(EU一般データ保護規則)などはその代表例です。

コンプライアンス要件を満たすために必要なAPIコストを最適化するためには、コンプライアンス要件を明確に理解し、必要なセキュリティ対策を効率的に実施する方法を見つけることが重要です。また、サードパーティのサービスやツールを活用することで、コンプライアンス要件を満たすためのコストを削減することも可能です。


クラウドストレージでAPIコストを削減するヒント

クラウドストレージのAPIコスト削減に取り組む企業は、特に以下の点に注意するとよいでしょう。

ストレージタイプの戦略的な選択

企業は自社のビジネスに合った適切なストレージタイプを選択することで、APIコストを削減できます。たとえば頻繁にアクセスされるデータには高速なストレージを使用し、アーカイブやバックアップデータには低コストのストレージを選択するなど、データのアクセス頻度とストレージのコストをバランスさせることがポイントです。

データ管理の最適化

効率的なデータ管理は、APIコスト削減に重要な役割を果たします。不要なデータの削除や圧縮、またデータの重要性に応じて適切なストレージレベルに配置するといった最適化手法により、ストレージの使用量とAPIコストを最小限に抑えることができるでしょう。

コスト計算ツールによるコスト管理

クラウドサービスプロバイダが提供するコスト計算ツールを活用することで、APIコストの正確な把握や予測が可能になります。これにより、どのAPIリソースがコストを引き起こしているかを特定し、最も効果的なコスト削減策を見つけることができます。

サードパーティのコスト管理ツール活用

さまざまなサードパーティが提供しているコスト管理ツールの活用もおすすめです。これらのツールは、APIコストの可視化や分析、予算の設定、コストの警告やアラートの設定などをサポートし、コスト管理をより効果的かつ効率的に行うのに役立ちます。


まとめ

クラウドストレージにかかるAPIコストは、ビジネスにとって重要な要素です。適切なストレージの選択、効率的なデータ管理、コスト計算ツールやコスト管理ツールの活用によって、APIコストを最小限に抑えるようにしましょう。

ジェネラルエンタメ業界の動画管理に活用されるクラウドストレージ。そのメリットとは?

インフラ運用は面倒くさい!