ジェネラル

パーソナル クラウド ストレージとエンタープライズ クラウド ストレージの違い

2023 April 12By Chizuru Tominaga

クラウドストレージは、規模や用途、サービスを提供する形態などによっていくつかの種類に分けられます。本記事では特に「パーソナル(Personal)クラウドストレージ」と「エンタープライズ(Enterprise)クラウドストレージ」について、それぞれの違いを説明していきます。


用途で異なる「クラウド ストレージ」

近年、IT機器やネットワークインフラの発展により、クラウドストレージの活用が増えています。しかしひとくちに「クラウドストレージ」と言っても、主に個人が利用する小規模なものから、企業が利用する大規模なものまでさまざまです。

パーソナル クラウド ストレージ

パーソナル クラウド ストレージとは、主に個人が自分のデータ、たとえば写真やビデオ、音楽などのファイルを保存するためのクラウドストレージです。代表的なパーソナル クラウド ストレージには、Dropbox、Google Drive、iCloud、OneDriveなどの製品があります。 もちろん個人向けといっても、データのバックアップ、共有、同期、リモートアクセス、セキュリティ機能など、クラウドストレージに求められる基本的な機能はすべて提供されます。

エンタープライズ クラウド ストレージ

エンタープライズ クラウド ストレージとは、企業が自社のデータを保存するために利用するクラウドストレージです。代表的なエンタープライズ クラウド ストレージとしては、Amazon S3、Microsoft Azure Blob Storage、Google Cloud Storage、IBM Cloud Object Storage、Wasabi Hot Cloud Storageなどの製品が挙げられます。

企業向けのクラウドストレージには、ビジネスで要求されるさまざまなニーズに応えるため、一般的なクラウドストレージよりも高水準な機能が備わっています。


各クラウドストレージの違い

パーソナル クラウド ストレージとエンタープライズ クラウド ストレージは、どちらもデータの保護、共有、およびバックアップを目的として使用されます。またクラウド上にデータが保存されうるため、インターネット回線を通してリモートアクセスできる点も同じです。 一方、ビジネスで利用されるエンタープライズ クラウド ストレージには、パーソナル クラウド ストレージと異なる点も少なくありません。

スケーラビリティ

エンタープライズは、膨大な量のデータを処理できるスケーラビリティに優れています。必要に応じてストレージ容量を増減できるため、企業の成長やビジネスの規模に合わせて柔軟に対応できるのが特徴です。また高度なネットワーク接続やストレージアーキテクチャを備えており、大量のデータを高速かつ効率的に処理することができます。一方、パーソナルは、個人の用途に合わせて必要な容量を提供するため、スケーラビリティに制限があります。一般的に、パーソナルの容量は数十GBから数百GB程度ですが、エンタープライズの容量は数TB〜無制限です。

セキュリティ

エンタープライズクラウドストレージには、機密情報や重要なデータを保護するための高度なセキュリティが備わっています。たとえば高度に暗号化されたストレージやアクセスコントロール機能、セキュリティに関する厳しい規制やコンプライアンスへの適合などです。パーソナル クラウドストレージもファイルの暗号化やアクセス制限など基本的なセキュリティ機能を備えていますが、エンタープライズ クラウドストレージほど高度ではありません。このため個人情報などの機密性の高いデータを保存する場合は注意が必要です。

機能性と操作性

エンタープライズは膨大な量のデータを効率的かつ効果的に管理するため、データのバックアップや復元、ファイルのバージョン管理、アクセス権の設定など、さまざまな機能が提供されています。複数のユーザーが同時にアクセスできるよう設計され、チームでファイルを共有したり、プロジェクトの進捗管理をすることも容易です。一方、パーソナルは個人が自分のファイルを簡単に管理できるよう、簡単で使いやすいインターフェースが提供されています。

価格

エンタープライズの価格は、ストレージ容量や機能に応じて設定されるのが一般的です。ただし高度なスケーラビリティやセキュリティ機能を備えているため、パーソナルよりも高価です。これに対しパーソナルは登録したユーザ数や利用機能に応じた価格設定となります。低価格で利用できるものが多く、なかには数GB程度まで無料で利用できるサービスもあります。


まとめ

パーソナル クラウド ストレージとエンタープライズ クラウド ストレージは、それぞれの目的に合わせて設計されています。クラウドストレージとしての基本機能は同じですが、スケーラビリティやセキュリティ、機能性など異なる部分も多いため、ニーズに合わせて選ぶことが大切です。特に企業がビジネスでクラウドストレージを利用する場合は、必要とする機能と費用を慎重に比較・検討するようにしましょう。

ジェネラルエンタメ業界の動画管理に活用されるクラウドストレージ。そのメリットとは?

インフラ運用は面倒くさい!