データ保護

クラウドでのバックアップで避けるべき間違いトップ10

2023 November 15By Kazuyuki Fukaya

このブログは 2023 年10月19日に Ben Bonadies によって投稿されたTop 10 Backup Mistakes to Avoid in the Cloudをシニア ソリューション アーキティクト 深谷が翻訳したものです。


クラウドサービスを利用するにあたって、データ損失を防ぐための重要な砦となるのがバックアップです。しかし、多くの企業におけるバックアップ戦略には典型的なミスが含まれており、知らず知らずのうちに自社のセーフティネットを妨害している可能性があります。これらの落とし穴を特定・理解することで、バックアップを強化し、重要なデータを保護することができます。

クラウドバックアップによくある間違い

デジタル化が進む中で、さまざまな企業でクラウドが重宝され、データの保存と管理に活用されています。クラウドバックアップは、データ保護に有用なツールですが、バックアップに関連する典型的な間違いを見逃しており、いつの間にかビジネスに悪影響を与えてしまう企業は多くあります。 典型的な間違いが発生する原因として、クラウドバックアップの複雑さを理解していないことや、確認すべき事項の見落とし、自己満足などが挙げられます。こういった落とし穴を認識することで強固なクラウドバックアップの手段が得られ、情報に基づいた意思決定を行うことができるようになります。

欠陥のあるバックアップがもたらす重大な悪影響

目先の不便さやデータの損失だけでなく、バックアップの欠陥は企業にとって広範囲に影響を及ぼす可能性があります。誤ったクラウド管理が現実に与える影響は、企業の評判低下や財務における深刻な悪影響など、多岐にわたります。 例えば、不適切なバックアップが原因で顧客の極秘データが漏えいした場合、信頼やブランドイメージの低下だけでなく、法的な問題にまで発展する可能性があります。業界によっては、データ流出の規制に対する罰金が膨大にのぼることもあります。そのため、クラウドバックアップ関連のミスを踏まえた戦略を理解することが非常に重要なのです。

バックアップで起こりがちな失敗トップ10と、その対処法


暗号化の必要性を軽視する

クラウドには、比類のない利便性と拡張性があります。しかし、特にセキュリティの面において、大きな力には大きな責任が伴います。バックアップの暗号化をスキップすることの危険性は、いくら強調してもしすぎることはありません。データを暗号化せずにバックアップした場合、侵害や不正アクセスに対して脆弱な状態になります。企業は暗号化の本質を認識し、クラウドバックアップのあらゆる段階でデータの安全性を確保する必要があります。

バックアップの定期確認を行わない

クラウドバックアップについて、データ保存の設定さえすれば安全だと認識している企業は数多くあります。そして、こういった見落としが大惨事につながる可能性があるのです。バックアップチェックの頻度が低いと、ファイルの破損、不完全なバックアップのほか、データが古くなる、関連性がなくなるといった危険につながるため、頻度はとても重要です。プロアクティブなアプローチを通して定期的なバックアップチェックを優先すれば、クラウドの完全性を確保し、潜在的な問題を未然に防ぐことができます。

バックアップ戦略を調整し、最良の結果につなげる

クラウドバックアップを使いこなすには、単にデータを保存するだけでなく、弾性および適応性のあるバックアップ戦略を構築する必要があります。微妙なニュアンスや潜在的なリスクを理解することで、企業は複雑な戦略を立て、間違いのないバックアップシステムを構築することができます。このプロセスの柱となるのが、定期的な見直し、頻繁なテスト、そして進化するニーズに基づいた調整です。データやクラウド環境のダイナミックな性質を認識することで、最適なデータ保護に適応した状態が確保されます。

多要素認証を軽視する

デジタル化した今日の社会では、セキュリティのレイヤーが一つしかない状態では不十分です。多要素認証(MFA)では、アクセスが許可される前に複数の検証段階を追加し、防御メカニズムを強化します。クラウドバックアップでこれを怠った場合、データは脆弱なまま、侵害されやすい状態になります。データ検索時にわずかな時間を多要素認証に費やすひと手間がデータ保護に大きな違いをもたらし、ログイン情報が漏洩しても不正アクセスを確実に防ぐことができます。

公平な目線でクラウドプロバイダーを選ぶ

クラウドバックアップに関する様々な事情に対応すべく、数多くのプロバイダーから似通ったサービスが提供されています。しかし、深く掘り下げてみると、セキュリティのプロトコル、データの取り扱い方法、リカバリのオプションなど、プロバイダーによってさまざまな違いがあることがわかります。そのため、十分な情報を得た上で、各々のニーズに沿ったバックアップを選択することが最も重要です。クラウドバックアップを提供する企業それぞれの違いを理解し、自社のニーズに合わせることで、シームレスで効率的かつ安全なバックアップを確保することができます。

データリカバリのプランを見誤る

バックアップを行うだけでは、まだ道半ばの状態です。つまり、堅牢なクラウドバックアップ戦略には包括的なデータ復旧プランも必要なのです。もし重要なデータを失った場合、バックアップは存在するものの、それを効率的に復元することができないとしたらどれほど混乱するでしょうか。バックアップとリカバリは密接な関係にあります。リカバリの計画を立てることで、データの損失や破損が発生した場合でも、最小限の混乱で業務を再開できるようになります。より広範なクラウドバックアップ戦略にリカバリ計画を統合することで、ビジネスの継続性やデータの完全性が保証されます。

ストレージ容量を過信する

多くの企業が見落としやすい典型的なミスとして、クラウドバックアップのストレージ容量を過信することが挙げられます。クラウドには無限の領域があるように思えても、実際のストレージ容量は有限であり、コストもかかります。ストレージを過信した場合、2つの大きな問題につながる可能性があります。容量が足りなくなった場合にデータの損失が発生する恐れがあることと、慌てて容量を追加しようとした場合に予期せぬストレージコストがかかることです。こういった問題を回避するためにはストレージの使用率を定期的に査定し、データの増加を予測する必要があります。これにより、未使用のスペースに費用を支払ったり、重要な時期にストレージが不足したりすることがなくなります。

バージョン管理機能を軽視する

バージョン管理はクラウドバックアップの世界を大きく変えるものです。ファイルやデータの異なるバージョンを管理できるようになったことで、データを容易に以前の状態に戻し、意図しない変更やデータの破損を防ぐことが可能になりました。この機能を見過ごす人も多くいますが、特に重要なデータが危機に瀕している場合に、前のバージョンにロールバックする機能があれば非常に便利です。バージョン管理を行えば、単なるデータ保護にとどまらず、業務の継続性も確保されます。そのため、たとえ直近のデータ状態に問題が生じたとしても、業務に支障をきたすことがなくなります。

バックアップの頻度が及ぼす影響を過小評価する

データは絶えず進化しているため、バックアップの頻度はデータの継続性に大きな影響を与えます。頻度が少なすぎる場合、データギャップが発生して重要なな情報が失われるリスクがあります。また、頻度が多すぎる場合、ストレージの容量を必要以上に消費してしまうことになります。そのため、正しいバランスを見極めることが不可欠なのです。データの量や変更に応じてバックアップの頻度を定期的に見直すことで、単なる保存の繰り返しではなく、重要な情報が確実に保護されます。そして、バックアップを最適な頻度で行うことによって、データ損失を最小限に抑え、ストレージコストを最適化し、安心感とコスト効率を得ることができます。

最後に、クラウドへのバックアップは複雑な要素が絡み合うため、警戒心と知識が最も重要です。よくある間違いを把握し、対処することでバックアップ戦略が最適化され、重要なデータを保護するだけでなく、組織の完全性と評判も確保することができるようになります。デジタル化した世界でデータがますます重要になる中で、綿密かつ情報に基づいたアプローチでバックアップを行うことが、強固なビジネス運営の礎となります。

Multi-User-Authentication
Wasabiデータ保護に「不変性」だけでは不十分な理由

エンタメ業界の動画管理に活用されるクラウドストレージ。そのメリットとは?