the bucket

NASのバックアップはなぜ重要?クラウドを活用してデータ保護を強化するメリットとは

NASのバックアップはなぜ重要?クラウドを活用してデータ保護を強化するメリットとは

Kazuyuki Fukaya
By Kazuyuki Fukaya
シニア ソリューション アーキティクト

November 22, 2023

現代のビジネスにとって「データ」は非常に重要な資産です。しかし、ハードウェアの故障、人為的なミス、ウィルスやランサムウェアのような悪意のある行為、自然災害など予期せぬ出来事により、それらの資産が傷ついたり、失われてしまうことも少なくありません。

こうしたリスクを回避したり、被害にあった場合に備えるためには、適切な対応が必要です。その際、ユーザーや管理者の立場からこれらの対策を容易に実現できる方法が求められ、NAS(Network Attached Storage)が広く利用されるようになった背景となっています。この記事では、最新のバックアップのベストプラクティスに則り、Wasabi Cloud NASを利用して、クラウドを活用し、さらに、NASのバックアップ運用を強化する方法に関して解説していきます。

バックアップのベストプラクティス

本題であるNASのバックアップを説明する上で、バックアップの重要な考え方として、「3-2-1ルール」について、説明させて下さい。

「3-2-1ルール」は、データをバックアップする際に推奨されるベストプラクティスの1つです。常に3つのデータコピー作成し、それらを2つの異なる媒体に保管し、1つのバックアップをオフサイトに保管すると言う考え方に基づくものです。

NASのデータバックアップ


NASとは

NAS(Network Attached Storage)は、ファイルの集中管理や共有に便利なハードウェアです。バックアップのベストプラクティスである、「3-2-1ルール」での3つのデータコピー作成、2つの異なる媒体に保管することを実現する際、アプライアンスであるNASが利用できます。NASでは、バックアップ先として、コピーを2つ以上作成することもできますので、主サーバーのデータが全て消失したとしても、データを復旧する手段で利用できます。

但し、NASを導入して、簡単にデータバックアップが出来ても、台数が増えることで、バックアップデータの管理が煩雑になり、大変になります。いわゆる、「野良NAS」と言う状況です。ある程度の規模の企業での運用では、NASによる単純なバックアップは、有効でありますが、規模が大きくなり、バックアップ規模が大掛かりになると問題を抱えることになります。

オフサイトバックアップについて

バックアップのベストプラクティスである、「3-2-1ルール」での3つのデータコピー作成、2つの異なる媒体に保管することは、NASで実現できることは、理解できましたが、それは、バックアップのベストプラクティスのすべての要件を満たしていません。オフサイトバックアップを実践することでより、強固なバックアップ運用が実現できます。

このように、「野良NAS」での課題や、バックアップのベストプラクティスである、「3-2-1ルール」を実現するため、クラウドによるNASのデータバックアップの考えが生まれました。

クラウド導入のメリット

クラウド登場により、最近では、ビジネス上のデータの保存先としてクラウドストレージの利用が主流となっています。システムがクラウド上で構築されているケースでは、当然、そのような方法で、データがクラウド上のストレージサービスで保護されて、運用されます。

これまで、バックアップのベストプラクティスである「3-2ルール」に従って、データを保護することは、容易ではありませんでした。特に、最後のオフサイトに保管することを実現しようとすると、コストやオペレーションを考慮すると難しい。別の拠点にあるバックアップのためのサーバーを準備する必要があり、その際のコストや調達の時間等、大変労力が必要でした。そこで、オフサイトへの保存を実現する手段として、クラウド上のストレージサービスを利用することが有効な手段であることが認められるようになり、そのアプローチがとられるようになりました。つまり、クラウドストレージサービスは、クラウドでのシステム構築で利用するだけではなく、このように、オフサイトへの保存の際の対象として、利用されるようになったのです。

そして、NASのバックアップ先としてもクラウドは有力な選択肢となり、バックアップデータを効率的に管理することが出来るようになります。また、クラウドをバックアップ先とした場合、セキュリティの強化、コストの効率、インターネット接続を通したアクセス便利性なども、メリットとして享受できます。

クラウドストレージの選び方

ここまで、NASのバックアップ先として、クラウドストレージが、有効であり、ベストプラクティスにも沿う手軽な手段であることが理解頂けたかと思いますが、ビジネスにとって、適切なクラウドストレージサービスの選択は、非常に重要になります。クラウドストレージサービスで提供される機能詳細、パフォーマンス、安全性、そして、何よりも、コストを比較することで、ニーズに合ったサービスを選ぶことが出来ます。

料金プランを比較する

クラウドストレージサービスの課金モデルは、様々ありますが、それらを構成している基本的な要素は、3つです。

  1. 容量に対するコスト – ストレージの容量に対して、単価が決まっており、確保する容量に応じて、比例します。 
  2. データアクセスに対する課金 – ストレージに保存されているデータに対して、データの読み出し、書き込み等などのデータアクセスに対して、料金が発生します。 
  3. ダウンロードに対する課金 – ストレージに保存されているデータをクラウドインフラストラクチャーから、外へ(例えば、インターネット回線を通して、社内の端末に)データをダウンロードした場合に料金が発生します。 

ここで、ポイントとなるのが、「2.データアクセスに対する課金」と「3.ダウンロードに対する課金」の2つの項目は、事前には把握することが出来なく、おおよその見積もりしかできない点です。これは、そのイベント(データアクセスや、ダウンロード)が発生しない限り、課金がされないからです。
ストレージサービスとして、「1.容量に対するコスト」のみのシンプルなモデルがその点、正確に経費を見積もる上で扱いやすいメリットがあります。

このように、さまざまな料金プランが用意されておりますので、各クラウドストレージサービスの料金プランを比較して、自社のニーズや予算に応じて、適切なプランを選定することが必要になります。

必要な機能を理解する

クラウドサービスによって、提供されている機能が異なることがあります。データの自動バックアップ、バージョン管理、簡易な復元プロセスなど、ビジネスに必要な機能を備えているかを確認しましょう。サービスによっては特定の機能が有料オプションになっていることもあるため、十分な調査が必要です。

パフォーマンスを理解する

クラウドサービスのパフォーマンスは、管理者はもちろんシステムを利用するユーザーにも、多大な影響を及ぼします。例えば、バックアップデータが多い場合、バックアップ処理にも、またリストアにも時間と言う面でコストが掛かることになります。そのため、データのバックアップにおいても、パフォーマンスの要素は、重要なものとなります。

NASバックアップのため最適なソリューション

このように、NASのバックアップにおいて、クラウドストレージサービスが利用でき、その選定も重要な処理であることが分かりました。エンタープライズのお客様においては、実は、Windowsサーバーが利用され、主に、ファイル共有やデータの保管先として、運用されているケースが多く存在します。

NASとしてのWindowsサーバー

日本の企業では、いまだに多くのWindowsサーバーが、データ共有やデータ保存先として利用されいます。Windowsサーバーの役割は、一般的なアプライアンス型のNASと同じと見なすことが出来ます。そのため、このWindowsサーバーベースの”NAS”も、同じNASの課題を持ちます。例えば、より多くのデータを保存する必要が発生した場合には、ストレージを増設する必要があります。また、ハードウェアの老朽化や保守期限切れにより、サーバーのリプレース(新規機器への交換)は、避けられません。その際、データの引っ越しが発生したりと、コスト面だけではなく、運用面でも、大変な作業が発せします。これらも考慮して、NASの運用が実施される必要があります。そのため、NASバックアップのための最適なソリューションが重要になり、それを実現することで、企業において、ビジネスの成功に繋げられます。

それでは、WindowsサーバーをNASとして考えた場合、最適なバックアップソリューションとは、どのようなものでしょうか。次に、それらの要素を紹介してしましょう。

容量無制限

NASの運用が続けば、続くほど、取り扱うデータ量が増大し、それに伴い、バックアップデータも大きくなります。そのため、NASのバックアップ先としてのクラウドストレージサービスは、必要に応じて、容量を増やす必要があり、その対応が容易であることが理想です。その意味では、容量無制限のクラウドストレージサービスは、最適なNASバックアップのためのソリューションの大事な要素と見なせます。

リプレースが簡単

Windowsサーバーの保守期限や老朽化に伴うサーバーの入れ替えが発生した場合、のバックアップシステムは、新規に導入、設定を必要とし、そのため、都度、リプレースのためのコストや作業が発生します。また、その場合、データの引っ越しも、容易ではありません。このため、適切なバックアップソリューションの検討の際には、このリプレースに関わるコストがより低価格、設置作業が容易、データ引っ越しがより簡単にできるかどうかが重要な要素となります。

Wasabi Cloud NASについて

Wasabiでは、これまでに説明してきたNASのバックアップソリューションであるWasabi Cloud NAS (WCN)サービスを提供しています。最適なバックアップソリューションの1つの選択として、検討する価値があります。容量無制限のNASファイルストレージサービスとして、とらえることが出来ます。コスト削減やセキュリティ対策の面でも高い水準を満たしており、国内外の多くの企業に利用されています。詳しくはhttps://wasabi.com/ja/cloud-nas/をご覧ください。現在30日間無料で最大1テラバイトまでご利用いただけるトライアルも実施しておりますのでご興味ございましたらこちらをお試しください。

まとめ

NASのバックアップはデータの消失リスクを軽減するために必須です。クラウドを利用したバックアップは安全性やコスト、利便性の面で優れており、NASのバックアップに最適な方法といえます。自社のニーズと各社のクラウドを比較して、最適なサービスを選んでください。その際、Wasabiのサービスも比較対象にして検討してはいかがでしょうか?

the bucket
Kazuyuki Fukaya
By Kazuyuki Fukaya
シニア ソリューション アーキティクト